Research Laboratory Center, Faq of Med., Univ .of Tthe Ryukyus

センター機器案内


                       メニュー
                形態部門設置機器へジャンプ
                分析T部門設置機器へジャンプ
                分析U部門設置機器へジャンプ
                医用電子機器部門設置機器へジャンプ
                バイオハザード部門設置機器へジャンプ


R153   形態試料室(1)
 イオンコーター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ IB-5(エイコー)
    用途: 走査電顕標本に導伝性を付けるため白金を蒸着する。
      
 臨界点乾燥装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ HCP-2 (日立)
    用途:走査電顕標本を乾燥する装置です。
      
 真空蒸着装置 1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  HUS-5GB(日立)
    〃     2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  4GB (日立)   
     用途:電顕標本を保護したり、シャドーイングをおこなうために、カーボンを蒸着する。
      
 自動固定包埋装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ RH-12DM (サクラ) 
    用途:光顕用標本の作製過程で、固定、脱水、脱脂、パラフィン浸透までを行う装置。
      
 凍結乾燥装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (日本電子)
       用途:走査電顕標本を乾燥する。


R154 形態試料室(2)
  凍結ミクロトーム  1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ CRYO-CUT (AO)
     〃      2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   FX-801N(大和光機)
    用途:光顕標本の凍結切片を作製する。

 滑走型ミクロトーム 1)・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・  A0860(AO)
        〃         2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ IVS-400(ヤマト)
        用途:光顕標本の薄切を行います。

 ロータリーミクロトーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  (PIKA)
        用途:パラフィン包埋光顕標本の薄切を行います。

 パラフィン伸展器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ PS-B(サクラ)
	用途:薄切されたパラフィン切片を伸展し、乾燥させます。

 孵卵器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・S-1 (池本) 
	用途:スライドガラス上のパラフィン切片の乾燥に用います。

バイオフリーザ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ BF-310  (日本フリーザ)
    〃        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・          (三洋)
	用途:-70度で 試料を凍結保存します。電顕試料以外の材料も保存できます。
	      利用はフリーザー専用のラックを用意していますので、必ず専用ラックをご使用下さい。



R152  超ミクロトーム室 
 超ミクロトーム   1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ MT-1(ソーバル)
         〃     2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ULTRACUT (ライヘルト)
         〃     3)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ULTRACUT-UCT (ライヘルト)
   用途:MT-1は手動で電顕用切片を薄切する装置です。ULTRACUTは自動的に薄切します。
           URTRACUT-UCTは、平成9年3月導入の新機種です。
           その特徴としては、@切削条件設定、自動切削がワンタッチで操作できるコントロールパネル
                             Aステッピングモータを用いた再現性の良い機械送り機構
                             Bバックラッシュゼロの高精度ナイフステージ自動送り機構
                             C瞬間点灯する高輝度蛍光灯照明と、20Wハロゲンランプによる明るいバック
                               ライト
                             D3種類の光源の組み合わせによる、7種類の照明
                             E誤操作を防止する、音と光表示による警報装置
                             F5種類の切削条件が設定できるメモリ機能
       更に、今回導入したモデルには、クライオセクショニングシステムを用意しています。
       
       

 ガラスナイフメーカー 1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・メッサー(SUNKAY)
       〃        2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・MK II(ライヘルト)
   用途:超ミクロトーム用ガラスナイフの作製に用います。

 トリミング用機器 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  トリマー EKO-T60(ライヘルト)
   用途:透過電顕用樹脂ブロックを適当な大きさに削り出す装置です。

 電顕ポリメライザー  1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  EM-200T(サクラ)
           〃          2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ EM-12A(日新EM)
   用途:EM-200Tは包埋用樹脂を熱で重合硬化する装置です。EM-12Aは紫外線で重合固化する



R151 電子顕微鏡室(2) 
    
   走査型電子顕微鏡・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  N-2380(日立)  
    仕様:分解能 3.5nm(高真空) 5.0nm(N-モード)    加速電圧 0.5〜30kv       倍率 x20〜x200,000
            自動調節機能  	ABCC(オートブライトネス&コントラスト)
			        	AFC(スーパーオートフォーカス)
				ASF(スーパーオートスティグマ&フォーカス)
				AUTO PHOTO
            平成9年3月に導入した機器です。機器の特徴は、明るい部屋でも高精細なSEM観察が可能で、
            便利で使いやすい自動化機能と
            メンテナンス機構および生の状態を長く保てるクールステージを採用しています。
          細胞・組織の立体像を把握する事ができます。透過型より標本作製が容易です。
      低真空モードでは試料の前処理なしに観測可能です。
      高真空モードでは、今までの走査型電子顕微鏡と同様に使用できます。
      試料ステージは、標準ステージと冷却可能なクールステージを準備しています。

   注意:利用は、予約制です。機器センターホームページ (URL http://wwwrlc.med.u-ryukyu.ac.jp)
           にて予約して下さい。


R158  電子顕微鏡室(3)

 透過型電子顕微鏡・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  H-7500 (日立)
   仕様:分解能 0.204及び0.36nm   加速電圧 80〜120kv 
            倍率 HCモード x700〜x200,000		Low MAG	x50〜1,000
                  HRモード x4,000〜 x600,000
      平成9年3月導入の低倍率・広視野・高画質の生物系試料の為の最新鋭機器です。
            今回の透過電顕のシステムは、通常の透過電顕として使用できると共に、免疫電顕として
      も使用可能なシステムになっています。平成8年度まで提供していました透過電顕よりさ
            らに操作が簡単で、初心者にも短時間で利用できるようになります。
      標準ステージと液体窒素で冷却可能なクライオセクショニングシステムを準備しています。

   注意:利用は、予約制です。機器センターホームページ (URL http://wwwrlc.med.u-ryukyu.ac.jp)
            にて予約して下さい。
 暗室
  透過型電子顕微鏡のフィルムを現像するための暗室が、同じ部屋に設置されています。
    暗室には、流し台やフィルム乾燥機を設置しています。但し、現像液は書く講座で、      
    持ち込んで下さい。



R271 光顕室

 落射蛍光顕微鏡・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・XF-EFD2(NIKON)
   用途:微弱な蛍光体をより明るく観察できる顕微鏡です。
            必要な消耗品等は機器センターで準備しております。

 現在、デジタルカメラが接続され、明視野及び暗視野の観察及び画像処理が出来ます。

電子顕微鏡写真処理関係機材
R171電子顕微鏡室(1)内に電顕フィルム処理室があり、現像や乾燥ができます。R271光学室内にも、
暗室があり、現像、焼き付け、引き伸ばし、乾燥のできる機材が設置されています。 

==topへ==


 
  R274 培養室 
  
クリーンベンチ(大型)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・CCV-1311(日立)
   用途:無菌操作に使用します。二人同時に使用できる大型タイプです。
   
        
炭酸ガスインキュベータ 1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・LNA-111DH(TABAI) 
      〃   2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3157(FORMA)
             用途:解放系での組織培養に使用します。
 
孵卵器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・	IC-42(ヤマト)
   用途:閉鎖系での組織培養、トリプシン処理等に用いられます。
      
倒立顕微鏡・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・CK-2(オリンパス)
        用途:培養細胞を観察するのに用いられます。
           
コールターカウンター・・・・・・・・・・・・・・・・・・ZM(コールターカウンター)
     用途:粒子数、粒子サイズを測定し粒度分布解析を行う装置です。細胞数測定用です。
        
メディカルフリーザ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・MDF-230(サンヨー)     
        用途:-20℃で試料を凍結保存します。
           
共同実験室(2)
     
自記分光光度計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ UV1600(島津)
    A2サイズでコンパクト、軽量です。マイクロセルを使用すると50μlから測定可能
    1クラス上の光学性能と機能を搭載しており、スタンドアロンタイプです。
	  波長範囲      190〜1100nm
	  スペクトルバンド幅 2nm		  測光方式
	  ダブルビーム測光方式
	  分光器       収差補正型ブレーズドホログラフィックグレーティング使用
	  用途:溶液中の生体成分を定性・定量分析する装置です。その他各種の付属装置が有ります。
      なお、マイクロセルをはじめ、各種そろえておりますのでご利用下さい。
      
蛍光分光光度計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・RF-1500(島津)
    試料に励起光を照射し、その照射によって試料から放射される蛍光を測定して定性及び定量分
	  析するための装置です。
  RF-1500本体			
      仕様:      波長走査範囲220〜900nm 測定波長範囲220〜750nm
      バンド幅    励起、蛍光側共に10、20nmプリンタ付き
      測定機能:波長スキャン最適励起・蛍光波長の自動探索機能    
      励起・蛍光スペクトル測定スペクトルの拡大・縮小ピーク検出差スペクトル      
      スペクトル・データの印字出力 スペクトルの保存(本体に2本)
      定量測定 検量線作成(標準試料最大10点、一次近似)   くり返し測定(最大5回)
      検量線の修正、記憶   定量データ・ファイルの保存(本体2本)
      
      RF-1500本体(測定部を開けたとき)
      
      RF-1500測定部の拡大図
      
      
クロマトスキャナー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・CS-9000(島津)
      用途:(タンパク構造解析室に設置中)波長可変式のクロマトスキャナーで190〜780nm
            の波長を 自由に選択できます。測定方法は反射、透過等いずれでも可能です。
            特に、電気泳動ゲルの測定に適しており、2次元解析システムと組み合わせると
            多くの情報を得ることができます。  
      性能:測定範囲 200〜650nm (ただし波長走査範囲は200〜700nm)
      測定内容 吸収スペクトル及びクロマトグラムプロファイルの記録、自動面
                積計算と定量計算結果のプリントアウト、マッピング 
      試料走査 ジグザグスキャンまたはリニアスキャンの選択可 
         ジグザグスイング幅1〜16mm連続可変、Y方向走査ピッチ0.02、0.04、0.1、0.2mm選択可能
      測定試料の種類
              薄層プレート最大200x200mm、厚み3mmまで
        ペーパークロマト用ペーパー 電気泳動用各種ゲル
 
R272 遠心機室 凍結乾燥装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・スピードバックA160(SAVANT)
         全自動凍結乾燥機(スピードバックA160)  
           用途:タンパク質、核酸等の生体高分子化合物水溶液を濃縮乾
                 燥する装置です。乾燥状態になると自動停止します。

凍結乾燥機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・FREEZEDRY 5(LABCONCO) 
       用途:タンパク質、核酸等の生体高分子化合物水溶液を濃
             縮乾燥する装置です。水分を昇華によって取り除き
             ます。バイアル瓶等の予備冷却も出来ます。
       注意:利用は、予約制です。R272の予約簿にて予約ください。
       
遠心機関係機器 
分離用超遠心機 1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 55P-72(日立)
    最大回転数:  55,000rpm   最大遠心力:393,600 xg
    注意:利用は、予約制です。      
       機器センターのホームページ上での予約が可能です。    
        

分離用超遠心機 2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・56GII(日立)
    最大回転数:  56,000rpm    最大遠心力:409、000xg
    注意:利用は、予約制です。R272の予約簿にて予約ください。
       
遠心機室内風景 

分離用超遠心機ローター類 アングルローター(2台)・・・・・・・・・・・・SRP70AT(日立)
	   容量:12mlx12    最高回転数:70,000rpm 	最大加速度:316,000 xg
       キャップの締付けトルク: 100Kg.cm 
       
アングルローター・・・・・・・・・・・・・・・・・RP50-2(日立)
	   容量:40mlx8     最高回転数:50,000rpm   最大加速度:276,700 xg
       キャップの締付けトルク: 60Kg.cm 
       
スイングローター・・・・・・・・・・・・・・・・・RPS40T(日立)
	   容量:13mlx6    最高回転数:40,000rpm    最大加速度:284,400 xg 
       
スイングローター・・・・・・・・・・・・・・・・SRP28SA(日立)
	  容量:40mlx 6    最高回転数:28,000rpm    最大加速度:141,300x g
      
バーティカルローター・・・・・・・・・・・・・・・RPV65T(日立)
	  容量:5mlx8      最高回転数:65,000rpm    最大加速度:404,300xg
      
小型分離用超遠心機 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・CS-120(日立) 
      最大回転数:  120,000rpm 最大遠心力:393,600xg
      機能:ステップモードでの運転が可能。  
      遠心条件のプログラムが可能(9条件まで記憶可能)    
      注意:利用は予約制です。センターホームページにて予約して下さい。


小型分離用超遠心機


小型分離用超遠心機ローター

 	アングルローター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ RP120AT(日立)
		容量:1ml x 10		最高回転数:120,000rpm    最大加速度:650,000 x g 

 	アングルローター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・RP100AT4(日立)
		容量:3ml x 6		最高回転数:100,000rpm   最大加速度:541、000 x g
		アダプタ装着で、1.5mlチューブが使用可能(最高回転数50,000rpmまで)
        

 オートクレーブ  ・・・・・・・・・・・・・・HV-50(平山)
 
	加圧した蒸気で滅菌します。滅菌後の保温が可能です。
	蓋のロックがレバーで出来ますので、確実に作業が可能です。
	平成8年導入

	用途:液体や培地等の滅菌に使用します。
    
==topへ==

分析U部門設置機器

自動塩基配列決定装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・SQ-5500(日立)
 
1色蛍光式のDNAシークエンサーです。1回の分析で10種類の試料を同時に分析し、
アクリルアミドゲルで約800塩基に分析が可能です。

  
 DNA増幅装置 ・・・・・・・・・・ PC-700 (アステック)

  用途:PCR法を利用した遺伝子増幅装置です。0.5ml 30本掛
          け反応に当たってはミネラルオイルを重層する必要が
          あります。


R254 クロマトグラフ室
                            

アミノ酸分析システム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・LC-6A(島津)
  用途:タンパク質の構成アミノ酸及び生体中の遊離アミノ酸の定量分析を行います。アミノ酸を
          陽イオン交換樹脂をつめたカラムで分離し、オルトフタルアルデヒドを用いて蛍光誘導体
          とし、これを蛍光モニターで検出、定量します。分析に必要な試料量は精製タンパク質の
          アミノ酸分析の場合は約1n mol、尿中の遊離アミノ酸分析の場合は約5μlです。

  注意:分析用カラムは、機器センターで用意しておりますので、分離用緩衝液、検出試薬及び
          オートサンプラ用カップは、利用者の持ち込みです。よろしく御願いします。なお、オー
          トサンプラ用カップは使用回数が少ない方の為に機器センターで実費にて分けております。 
電気化学検出器付き高速液体クロマト・・・・・・・・・・・・・・EP-10/ECD-100(エイコム)
  電気化学検出器の適用範囲としては、
   モノアミン(カテーコールアミン類・インドールアミン類・およびその代謝物など)
   薬物(フェノチアジン系・ペニシラミン・テオフィリン・サルファー剤・モルヒネ・過酸化水素等)
   ビタミン(ビタミンC、B6、E、K、ユビキノンなど)
   ステロイド(エストロゲンなど)
   食品(フェノール系酸化防止剤・フェノール酸類、カビ防止剤、パラオキシ安息香酸エステル類)
   環境関係(フェノール性物質、シアン、ヨウ素、チオシアンなど)
  などがあります。

電気化学検出器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ECD-100(エイコム)
  当センターの電気化学検出器の特徴は、超高感度でノルエピネフリンの検出限界は、0.3pgです。
  通電後の安定時間も早く、加電圧変更後の安定化も短く、安定性が良く、長時間連続運転も可能
    です。また、作用電極は、ディスポーザブルタイプで、標準のグラファイト標準電極の他に、5
    種類の電極が使用可能です。




ペプチド精製システム・・・・・・・・・・・・・・・ LC-6AD高圧グラジェントシステム(島津)
 
用途:
   ペプチド約500mgまでを分取するシステムです。合成ペプチドの精
   製に用いられます。UVモニターとフラクションコレクターを利用
   して、効率よく分画精製することができます。 

注意:分離用カラム及び溶離液は、利用者持ち込みになっています。



ガスクロマト質量分析計・・・・・・

 
用途:各種の揮発性試料の分析が可能です。
      試料の検出を質量分析で測定するため高感度、高精
      度の分析が可能です。
      質量分析の範囲は、分子量900までです。


    ガスクロマト質量分析用プレップステーション
ガスクロマト質量分析装置の試料前処理装置です。各種試料からの抽出などの操作が可能で、
前処理後にガスクロマト質量分析装置へ自動注入が可能です。

実験室 
 R259 神経系実験室   用途:シールドルームで中規模の動物実験に適しています。
                     微小電極用防振机が2台設置されています。  
  R258 循環系実験室   用途:特別に設置された機器はなく、利用者が必要な機器を
                      R256等から搬入して実験を行っています。
                      
==topへ==                    

                      
医用電子機器部門設置機器

 ポリグラフ 1)・・・・・・・・・・・・・・・・  ・熱書記録器 8ch WT-685G(日本光電)
     〃   2)・・・・・・・・・・・・・・レクチホリー 4ch 8K-21-L  (日本電気三栄)
           用途:各種生体現象の導出記録を行います。
              
 ラック 1)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ CM-616G(日本光電)
   〃 2)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・180-3(ノバ)
       用途:医用二重絶縁トランスと配電盤を装備した各装置の収容柵です。
          
  ブラウン管オシロスコープ(2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・VC-10(日本光電)
     用途:生体の電気現象の観測を行う装置です。メモリー機能および出力機能を有してます。
        
 電気刺激装置(8台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・SEN-3201(日本光電)
     用途:誘発記録等の刺激に利用します。シングル、トレイン、ペア等のパルスに加えて、
        各種複合波、変調波等の刺激波が得られます。
        
  アイソレータ(6台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・SS-102J(日本光電)
     用途:電気刺激装置と組み合わせて直流成分をカットする装置です。
        

 簡易型電気刺激装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  S7272B(日本光電)
     用途:主として学生実習に用いられる操作の簡単な刺激装置です。
        
 脳定位固定装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・SN-1-A(ナリシゲ)
     用途:ネコ等の頭蓋骨を保持して脳の手術および実験をする装置です。 
  
  マイクロマニュピュレータ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ SM-20(ナリシゲ)
     用途:微小電極を保持しミクロン単位で移動させる装置で、脳定位固定装置に装着して使用します。
        
 電磁血流計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・MFV-1200(日本光電)
     用途:血管の外側から血流を測定する装置です。 
        
  人工呼吸装置(2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ CL-4577-2(日本クレア)
     用途:麻酔したネコ、マウス、ラット等に人工呼吸をさせる装置です。
        
 電気メス(動物用)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・B-310( 高橋)
     用途:高周波により組織を熱で切開する装置です。
        
 ガラス電極作製装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・C-555(高橋)
     用途:ガラス管を伸ばしてキャピラリー電極を作製する装置です。 
        
 微小電極用増幅器・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・MEZ-8201(日本光電)
     用途:細胞や神経線維の電位や電流を測定するための増幅装置です。
        
  微小電極用防振机(2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・C-522(ナリシゲ)
     用途:微小電極を装着するための机です。 
        
  連続撮影装置・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・RLG-6201(日本光電)
     用途:オシロスコープのブラウン管面の波形を撮影する装置です。
        
  多用途プリアンプ装置(収容ケース本体)・・・・・・・・・・・・・・RMP-6018(日本光電)
     用途:下記のアンプの収容と各ユニットの電源装置として使用されます。
        
 瞬時心拍計(2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ AT-601G(日本光電)
     用途:心拍数をデジタル表示するアンプです。
        
 ひずみ圧力計(2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・AP-621G(日本光電)
     用途:トランスデューサと接続し血圧、呼吸量等を測定するアンプです。
        
 生体電気用アンプ(2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・AB-621G(日本光電)
     用途:電極を装着して心電図、筋電図を測定するアンプです。

 微分アンプ(3台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ED-601G(日本光電)
     用途:血圧、張力等の計測波形を速度波形に変換する処理アンプです。
        
 積分アンプ(2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・EI-601G(日本光電)
     用途:神経、筋肉等の活動電位を積算するアンプです。

 ウインド型スライサー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ EN-601G(日本光電)
     用途:インパルスの高さにより応答を分類するアンプです。
        
 パルスカウンター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ET-621G(日本光電)  
       用途:生体信号より必要なパルスを経時的に計測するアンプです。
        
 直流アンプ(2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ AD-601G(日本光電)
     用途:他の機器からの信号入力を適当な大きさに調整するアンプです。
        
 血圧トランスデューサ(2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・TP101T(日本光電)
     用途:動脈、静脈穿刺によつて局所の血圧測定にもちいるセンサーです。
        
 サーミスタ呼吸ピックアップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・TR-612T(日本光電)
     用途:鼻腔に取り付け呼気と吸気の温度差を検出して呼吸数を測定するセンサーです。
        
 電磁血流計用プローブ(FR型)・・・・・・・・・・・・・ FR-020J,-030J,-050J(日本光電)
     用途:電磁血流計に接続し血管を挟んで血流を測定するプローブです。
              内径は 2  mm,  3mm, 5mmがあります。  
              
  電磁血流計用プローブ(FF型、2台)・・・・・・・・・・・・・・・・・FF-030J(日本光電)
     用途:電磁血流計に接続し血管内に挿管して血流を測定するプローブです。内径は3mmです。
        
==topへ==


バイオハザード部門設置機器

R157 遺伝子組換え実験室  

「組換え生物実験」に基づく、組換え実験等を実施される方がご利用できますが、実験計画申請を
提出される前に、必ず機器センター事務室にご相談ください。

 安全キャビネット ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(三洋)
   用途:遺伝子組み替え実験を安全に行う為のキャビネット

 バイオクリーンベンチ・・・・・・・・・・ CCV-811( 日立)
    用途:閉鎖循環系で、無菌操作に使用します。

 炭酸ガスインキュベータ・・・・・・・・・・・・・ 5100(NAPCO)
      用途:解放系での組織培養に使用します。

 乾熱滅菌器・・・・・・・・・・ FSP-650(アドバンテック)
    用途:ガラス器具を約160℃、2時間加熱して滅菌します。

 オートクレーブ・・・・・・・・・・・・・ SD-30N(トミー)
    用途:加圧した蒸気で滅菌します。

 卓上遠心機 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  05P-21(日立)
   用途:最大5,000rpmで遠心します。

 冷却微量遠心機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  CR15B (日立)
      用途:1.5mlチューブ等を最大15、000rpmで冷却遠心します。ロータは、1.5mlX12本です。

P3実験室
 P3レベルの実験に対応できるバイオハザード対応の実験室です。組換え実験及び病原体等の
  実験が実施できます。
  
==topへ==
Copyright (C) Research Laboratory Center All Rights Reserved.