機器センター規定


  琉球大学医学部附属実験実習機器センター規程
                                                             〔平成3年4月12日 制定〕
            
 (趣旨)
第1条 この規程は、琉球大学学則第5条第2項の規定に基づき、琉球大学医学部附属実験実習機器センター
       (以下「機器センター」という。)に閲し、必要な事項を定める。
       
 (目的)
第2条 機器センターは、医学の教育研究のために、医学部の共同利用施設として、その施設設備等を管理
    し、効率的な運用を図ることにより、医学の教育及び研究に資することを目的とする。
        
 (部門)
第3条 機器センターに、次の各号に掲げる部門を置く。
(1) 形態部門
(2) 分析(T)部門
(3) 分析(U)部門
(4) 医用電子機器部門
(5) 情 報 部 門
(6) バイオハザード部門
2 前項の各部門に部門長を置く。
(1)部門長は、管轄する部門の利用者の円滑な利用に心がけその管理運営に当たる。
(2)部門長は、教授会の議に基づき、学部長がこれを任命する。
(3)部門長の任期は2年とし、再任を妨げない。
(4)部門長に欠員が生じた場合の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。
3 各部門長の下に、機器等の取扱担当者を置くことができる。
4 前項の取扱担当者は、当該部門長の命を受け部局の管理又は機器の保守・管理及び取扱いの指導に当たる。

 (職員)
第4条 機器センターに、次の職員を置く。
(1)機器センター長
(2)助教授
2 前項に定める者のほか、機器センターにその他の職員を置くことができる。
3 機器センター長は、機器センターの管理運営に関する業務を掌理する。
4 助教授は、機器センター長の職務を助け、必要に応じてその職務を代行する。

 (機器センター長)
第5条 機器センター長は、医学部、医学部附属病院及び大学院医学研究科感染制御医科学専攻所属の専任の
   教授をもって充てる。
2 機器センター長の任期は、2年とし、再任を妨げない。
3 機器センター長の選考については、別に定める。

 (運営委員会)
第6条 機器センターの管理運営に関する重要事項を審議するため、機器センター運営委員会(以下「委員
   会」という。)を置く。

 (組織)
第7条 委員会は、次の各号に掲げる委員をもって組織する。
(1)機器センター長
(2)機器センター助教授
(3)各部門長
(4)教授会の推薦する著者千人
2 前項第 4号に規定する重点の任期は2年とし、再任を妨げない。
3 前項に規定する委員に欠員が生じた場合の後任者の任期は、前任者の残任期間とする。

 (委員長)
第8条 委員会に委員長を置き、機器センター長をもって充てる。
2 委員会は、機器センター長が招集し、その議長となる。
3 委員長に事故あるとき又は欠けたときは、委員長のあらかじめ指名する委員が、その職務を代行する。

 (審議事項)
第9条 委員会は、次の各号に掲げる事項を審議する。
(1)機器センターの運営の基本方針に関すること。
(2)教育研究に関すること。
(3)人事に関すること。
(4)予算に関すること。
(5)その他機器センターに関する重要事項

 (議事)
第10条 委員会は、委員の過半数の出席がなければ議事を開くことができない。
2 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

 (意見の聴取)
第11条 委員会は、必要があると認めたときは、委員以外の者の出席を求め、意見を開くことができる。

 (庶務)
第12条 委員会の庶務は、学務課において処理する。

 (補則)
第13条 この規程に定めるもののほか、機器センターの運営に閲し必要な事項は、機器センター長が別に
   定める。

附 則
この規程は、平成3年4月12日から施行する。
この規程の施行後、最初に任命された機器センター長の任期は、第5条第3項の規程にかかわらず、平成5
年3月31日までとする。
3 球大学医学部機器センター内規(昭和58年8月1日制定)及び球大学医学部機器センター運営委員会
 内規(昭和59年4月26日制定)は、廃止する。

   附 則(平成3年10月23日)
1 この規程は、平成3年10月23日から施行する。
2 この規程改正後に選出された第3条第1項の各部門の部門長の任期は、第3条第2項第 3号の規定にかわ
  らず、平成5年7月31日までとする。
   附 則(平成10年4月1日)
 この規程は.平成10年4月1日から施行する。
   附 則(平成12年12月20日)
 この規程は、平成12年12月20日から施行する。

   附 則(平成14年7月24日)
1 この規程は、平成14年7月24日から施行する。
2 この規程施行後に任命されるバイオハザード部門長の任期は、第3条第2項第3号の規定にかわらず、平成
 15年3月31日までとする。

   附 則(平成15年3月24日)
 この規程は、平成15年4月1日から施行する。
Copyright (C) Research Laboratory Center All Rights Reserved.