Research Laboratory Center, Faq of Med., Univ .of Tthe Ryukyus

過去のお知らせ

2010/6/21
予約システム上で、富士フィルム社製ドライケム4000の予約出来るようになりました。
2010/04/05
プレートリーダー操作説明会のお知らせ

記

 この度、機器センターで導入しましたプレートリーダーの操作説明会を下記の様に開催します。
 利用予定の方或いは機器に興味のある方は参加ください。
 なお、資料の準備がありますので、機器センター事務室に、参加人数等をご連絡頂けると幸いです。

日時		平成22年4月15日(木) 午後2時-3時

         引き続き測定したい方は測定試料とプレートをお持ちください。

内容		1. プレートリーダー

         導入機器名: コロナ電気社製 SH-1000
         機能等:   波長範囲:200-1000 nm 恒温機能付き
                吸収スペクトル測定、1波長/2波長測定、
                エンドポイント/カイネティック至適値測定

場所		機器センター・クロマト室(基礎研究棟2階)

以上
2010/04/02

センター携帯サイトへのQRコードを「その他」に表示しました。

2010/04/02

機器センターの携帯サイトも立ち上げました。

2010/4/1
      機器操作説明会のお知らせ

 この度、機器センターで導入しました器具及び機器の操作説明会を下記の様に開催します。利用予定の方或いは
  機器に興味のある方は参加ください。
 なお、資料の準備がありますので、機器センター事務室に、参加人数等をご連絡頂けると幸いです。

日時		平成22年4月5日(月)及び 9日(金)

        各日 午後2時、午後4時スタート 合計4回実施
				
        内容は各回とも同じで、下記の3種の機器の取り扱いを順次説明します。
        各回30−45分程度を見ております

内容	
  1. ゲル撮影装置STAGE-1000
   現在、LASでの測定が満杯状態であり、旧機器であるGelDocが老朽化で使用できないため、
   簡易式のゲル撮影装置を導入しました。1000万画素です。

  2. Qubit
   インビトロジェン社製、別途試薬が必要ですがDNA、RNA、タンパク質を1μlから測定可能です。
		
  3. 大判プリンタ PX-F10000
   学会発表用のポスターもこれで大丈夫! 最大幅110p(B0版)までの用紙にプリントできます。

場所   機器センター遺伝子構造解析室(基礎研究棟2階)

210/4/1

機器センターのホームページを全面的に更新しました。
今年1月に長年使用していましたサーバーが故障しまして、新しいマシンに入れ替えました。ホームページの内容はそのままにしておきましたので、気づかれなかった方がほとんどだと思いますが、ホームページの応答はかなり速くなりました。しばらく内容はそのままでしたが、今回ホームページのデザインを全面的に更新しました。如何でしょうか?まあ、内容があまり変わっていないとのご指摘もありますが、少しづつ更新していきます。

2010/3/28

平成21年度に導入した機器のお知らせ
機器センターで平成21年度に導入しました機器・器具等は以下の物品です。現在動作確認やマニュアル作成を行っております。利用説明会は4月中に行う予定ですのでしばらくお待ちください。
1.UV-VIS プレートリーダ
2.大型プリンタ
3.ゲル撮影装置
4.Qubit
 平成19年11月1日  機器センターのホームページを刷新しました。これから追加項目も整備して行きます。(江口記)  平成19年10月31日   新規導入しました2階遠心機室に設置しました小型超遠心機は、ロータの設置が従来と異なりますので 操作には十分ご注意ください。    

Copyright (C) Research Laboratory Center All Rights Reserved.